市原市の歯科医院|一般歯科・審美歯科・歯科矯正・小児歯科

マイクロスコープ(顕微鏡)を使うとどういうメリットがあるの?

マイクロスコープ(顕微鏡)を使うとどういうメリットがあるの?

最近歯科でもマイクロスコープ(顕微鏡)を導入している医院が増えてきました。

当院では根管治療(歯の根の治療)、歯に詰め物をするとき、かぶせ物をするときなどの治療や虫歯の状態の確認、歯が割れているかの診査など多くのことに用いています。

マイクロスコープ(顕微鏡)利点は以下の3つです

1、歯を拡大して見ることができること(3倍、6倍、12倍、20倍等必要に応じて歯を拡大して診査します)、

2、十分な照明が歯にしっかり当たり、明るい状態で歯を見ることができることです。同じ視力の人でも、夕方より昼間のほうが良く物が見えるのと同じです。

3、マイクロスコープ(顕微鏡)で見ている状態を写真やビデオにとることができることです。それを患者さんに見ていただくことで歯の状態の共有ができます

CIMG4601

患者さんの利点は

1、歯の根の治療のよりうまくいくようになります→後で痛みが出ることが少なくなります

2、詰め物、かぶせ物が歯にピタッと会います→歯が長く持つようになります

3、より正確な診断をしてもらえるようになります(虫歯や歯の破折など)

4、ご自分の歯の異常を写真やビデオで見ることができるので、歯の状態を非常に理解しやすいと思います

市原市五井歯医者 マイクロスコープ(顕微鏡) つねいずみ歯科医院